あの人はああいった。で、あなたはどうしたいの?

ども。masaです!

 

先日受けた試験が見事合格していました☆

 

やっぱりやればできるな!

 

身をもって実感したっす!!

 

これでやっと気持ちよく寝れますわ☆

 

 

合格発表の日って妙に緊張しますよね!

 

しかも今回の試験は合格率30%でした。

 

ホントに難しくて、自分でもふたを開けてみるまでは

合格しているかしていないかわからない状態。

 

しかし、ボクは常にアファメーションを唱えていました。

 

あ、アファメーションとは日本語で言うところの言霊です。

 

「僕ならできる!合格しました。ありがとうございます。」

って言葉を適当に空いた時間に唱えるんです。

 

この適当ってところが大切で、力を抜いて唱えるほうが潜在意識に記憶されるので

とても効果的!

 

あと大事なのが、もうすでに合格した気分でいる事。

このメンタルがとても重要で、引き寄せの法則でも言われています。

 

もうすでに叶ったというメンタルでいると、自然とそのことが現実になるという

潜在意識をつかった一種の魔法みたいなものです。

 

 

アファメーションでググると結構出てきますので、

興味がある方はググってみてちょうだい☆

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、本日のテーマはこちら☆

 

で、あなたはどうしたいの?

 

です。

 

 

これは先日学生を教えているときにこういった質問を受けました。

 

Q.学校の先生にレシーブの時の脚をラケットを持つ手と逆側の脚を出しなさいと言われました。

 

基本的なバドミントンのセオリーから行くと、利き手と同じ方の足を

前に持ってくるのが基本なんですが、最近のバドミントン界では

逆足が前が流行ってますね!

 

これは出来るだけ早く前に行ったり、強い打球を打ちたい為なんだと

思っていますが、なぜこの逆足を前に持ってくるかを理解していない彼女らが

現在の実力で、実行するメリットが僕にはないと思ったので教えていませんでした。

 

ボクはあくまでコーチングをしている側なので、学校の先生に従った方がいいよとは答えました。

 

ただ、ボクにも彼女たちを優勝まで導いてあげる使命があるので、

そのあとにこの子たちに問いかけました。

それが、この題名の、

先生がそう言ったけど、で、あなたはどうしたいの?

 

この言葉は子供たちやスクール性を指導するときに有効な質問です!

 

大人になるにつれて人間は頭で考えてしまうことが多くなってきます。

 

本来子供の頃って感覚とか、直感で行動出来ていたのに、

頭で考えるようになると本来の自分の気持ちに嘘をつくようになります。

 

・こっちのほうが高いから安いものよりもいいかも!

・他の人がこっちがいいっていうからこっちにした。

・人が持っているものが欲しいタイプ。

 

などのおジャ魔女どれみ的なガールたちは

本質が全然わかってないんですよね。

 

いいですか。

 

 

ちょっと偉そうに言いますけど。

 

 

 

 

他人が求めているものを自分も求めているうちは一生心は満たされません。

 

 

それって他人軸で生きてるから。

 

・みんな周りの声が気になるから。

・他人と同調していけば安心。

・私だけ浮いてないよね?

・みんなと一緒がいい。

 

この心理は女性に多く見受けられる心理で、他人と同調したほうが安心するんです。

 

いきたくもないママ会に参加したり、ランチをご一緒したり。

学生なら、派閥に入っていないといじめられそうで怖い。

 

ちょっと話がずれたので戻します!!

 

で、

・先生が逆足を前にしろといわれてやりました。

でも、しっくりきません。

 

・先生が、言うことは間違いないよね?

 

・うん!絶対そうだ!間違いない!

 

 

この思考めちゃめちゃ危なくて、コーチングではこんな風には教えなくて。

 

前にも話したと思うんですけど、基本的にコーチングは

相手の成功を導いてあげるのが仕事なので

自分の成功体験が、彼ら彼女らの成功につながるわけではないってことなんです!

 

その教え方はコーチングではなくてティーチングね!

この話を詳しく書いている記事はこっちなので確認してね☆

コーチングとティーチングは違うよ

 

 

やっぱり、本人たちがやりにくいやり方を強制するのは

ちょっと違うし、かといって自己流でやらせなさいっていってるわけではなくて。

 

僕らは彼女たちの成長と能力を考慮して、それにあった指導方法を考えて

導いてあげること。

 

レベルが上がると足を逆足でやったほうがいい場面が出てくるので

この考え方を否定しているわけではございませんよ☆

むしろ推奨はですしん!

 

あ。クロちゃんが出てきたしん!w

 

 

おふざけがよろしいようで、まとめましょう。

 

まとめ

子供たちは指導者の言うことを聞いているから本気になろうぜ!

 

僕たちのことを信じてくれている子供たちに

僕たちも信じてあげて、本気で考えて悩んで導いてあげようぜ!

 

そしたら生徒たちも本気になってくれるしん!!

 

あ。またクロちゃんが出てきたww

 

また書きますねー。

 

では!

 


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください